EPA

青魚が苦手でも十分にdhaとepaを摂れるサプリについて

EPAとはどんなもの?

DHAと並んで、EPAという成分も同じくよく聞く成分なのではないでしょうか。

DHAは、脳を構成する成分のひとつでした。それから、血液循環にも関わる成分です。血中の中性脂肪やコレステロールを下げる役割があり、このはたらきはEPAも同様にあります。似たような成分ではありますが、DHAは脳まで届くのに対し、EPAは脳まで届くことが出来ません。

ですので、EPAのはたらきは、主に血液循環に関わるものになります。逆に、DHAにはEPAほどの血液に対する効果はないとされています。ですので、二つの成分を摂取することでお互いの効果を補填し合うようなかたちになります。

EPAも同じく、体内で合成不可能な脂肪酸です。食事によって摂取する必要があり、これもまたDHAと同様に青魚に多く含まれています。ですので、青魚をただ食べればよいかというと、そういうわけでもありません。

DHAと違うのは、EPA単体ですと摂取後に酸化してしまうというデメリットがあります。酸化しないためには、その他の成分も一緒に摂取しないといけません。そのひとつが、ゴマに含まれているセサミンです。

現代人は、生活習慣病といって、食生活をはじめとする生活習慣の不摂生により、肥満や血中コレステロールが高くなってしまったり、高血圧に悩む人が多い傾向です。EPAの血液循環改善効果は、現代病の生活習慣病に効果があると非常に注目を浴びている成分です。

Copyright(C) 2012 青魚が苦手!DHA・EPAサプリ健康のすすめ All Rights Reserved.